築地と豊洲の間から

東京湾沿いから、趣味の読書と食べ物について書いてみます。

勝つ投資 負けない投資

f:id:knight76:20180526130325p:image

個人投資家機関投資家と比較した際に、どこを強みとして挑むことができるのか。

投資家になるとはどうゆうことか。

 

機関投資家の弱点

・機動力のなさ。透明性と説明責任が発生するためルールが多様。

流動性に乏しい銘柄には投資しないということもあげられる。

・フルインベストメントの原理。現金の保持率は決まっている、常に運用し続けなくてはならない。

 

戦艦(機関投資家)が動く前に駆逐艦個人投資家)は動きやすい。

 

・大きく儲けたい、楽して稼ぎたいという発想からやり方を決めるのはよくない。

・割安な株に投資をする、ただし割安な定義は時間とともに変遷する。

決算短信で出てくる数値は最も分かりやすい。

・投資している企業の成長ストーリー(業績予想)が変わらない限り、企業価値(目標株価)は変わらない。よって足下の株価が下落しているかといって、見方が変わることはない。

・株価は別の言葉でいうと、時価総額企業価値

キャッシュフローから導き出される理論株価に対して、割高なのか、割安なのかを議論すべき。

・投機=確率にお金を投じること、投資=価値にお金を投じること

・リスクとリターンの考え方。振れ幅がないところから得られるものは何もない。

日本株、特に中小型株などは、ウォッチしている投資家が少ない。情報の効率性が低い状態で放置されている銘柄が多数ある。

・情報が非効率なところで戦った方がリターンを得やすい。

・情報が非効率な状態で投資を行ない、多くの投資家が注目するようになったら売却。

 

○財務諸表の簡単な確認ポイント

損益計算書:売り上げ、営業利益

貸借対照表:資産の部は、棚卸在庫、売掛金。負債の部、短期・長期借入金、資本の部、ネットDEレシオ(短期・長期借入金ー資産の現金/資本の部)

 

市場には、ブル(強気)とベア(弱気)がいるが、カモという存在もいる。