ビジネスエリートがやっている最強の食べ方

f:id:knight76:20170923155726j:image

 夏が終わってこれから寒くなるにつれて飲み会やら何やらで食事の量は多くなるもの。

冬を越し、また春になりTシャツ姿になり、腰まわりに見覚えのない脂肪という浮き輪が装備されていることに気づく。こんなことを繰り返して社会人はだらしのない体に仕上がっていく。

 

特別にムキムキというわけではないが、私は大学を卒業して社会人になるときに見た目は常にかっこよく、また365日健康でいたいと考え、週2回以上のジムは欠かささず通った。

スリムだった会社の同期が年々でかくなっているのを見ては、みんなは太っていくことに対して抵抗感はないのか不思議に感じていた。久しぶりに会うと時の経過を感じるようでちょっと切ない気持ちになる。

 

そんな働く同期の人たちにこの本を読んでもらいたい。

いかついイラストの表紙だが、別に男性に限る話ではない。食事をするにあたって、マクロ管理法という考えを取り入れて1日に摂取すべきカロリーを計算し、そこからどのくらいタンパク質、脂質、炭水化物を取り入れるべきかを書いた内容になっている。

 

  食事管理には5つのプロセスに分かれるらしい。

1.基礎代謝を計る

2.1日の消費カロリーを計算する

3.摂取すべきカロリーを出す

4.各栄養素を毎日何gずつとればいいかを計算する

5.それを食べる

 

正直、私もちょっと前まで「カロリー計算ならともかく、栄養素まで計算するのはボディビルダーがすることだ」と思っていた。運動していれば、ある程度何食べもいいと。

この本の中で、「どれだけいい運動も、悪い食習慣は倒せない」と言っているが共感した。

それは毎週ジムに2回以上通っているのに思ったような体になっていない自分が証明していたからだ。

 

別に、西洋の彫刻のような体まではなる必要はないとは思う。なりたいけど。

ただこれからさらに寿命が長くなると考えられる日本で、いわゆる健康寿命を伸ばすためには日頃の食事に対する考えを改める必要がある。

 

生きる基本である「食べる」ということを見直してみては如何であろうか。