一冊の手帳で夢は必ず叶う

f:id:knight76:20170122185636j:image

GMOインターネットグループを率いる熊谷社長の著書。

この本を読む予定はなかったが、たまたま参加したセミナーで熊谷さんが講演をされていたので読んでみた。

もともとクリック証券を利用しているし、ジャパンフォーブスによく記載されているので熊谷さんのことは気になっていたのでいい機会であったが、ちょっと意外だったのはバックグランド。

高校中退。その後もいわゆるブランド大学を出るわけでもなく、実家の家業をこなしていたというから、とんでもない努力をされたんだろうなと思う。

熊谷さんがなぜ会社を興して上場企業にまで成長させることができたのかを書いたのがこの本である。

 

以下、気になった部分を抜粋。

 

・「行き先が決まっていなければ、どこに向かえばいいのか、どのくらい進めばいいのか、わからなくても当然だ。だからまず、人生の夢や目標を決めよう。」

 →この手段として、手帳に自身の目標、夢を書き、現実とのギャップを確認して、その差を埋めるためにはどうしたらいいか、期限付きで細かく落とし込んでいく。

 

・「やりたいことリスト」でリストアップした夢を、「夢・人生ピラミッド」の各セクションに振り分ける。セクションは、「健康」「教養」「心、精神」「社会、仕事」「プライベート、家庭」「経済、モノ、お金」の6つ。

→やりたいことをただあげるのではなくそれをグループ化させる。大事なのはこのグループのバランス。お金だけが大きくなるとピラミッドはぐらつく。それを支える健康、教養、精神がないと成り立たない。

 

・未来年表

→やりたいことだけをただ書くのではなく、それがいつまでのものなのかを明確にする作業。

    上記の6つのグループ、その時の自分の年齢。現状と夢の乖離を見定めなくてはならない。

 

もっとあるけど、書いたらきりがないからまずはこんなところ。

目に見えるようにしなくては、思考は整理させないのかもしれない。

自分がやりたいと漠然と思うのではなく、それを現実にするためにはどうしたらいいかを考えさせくれる、とてもモチベーションのあがる1冊であった。