築地と豊洲の間から

東京湾沿いから、思ったことを書いてみます。

もものかんづめ

この本の存在を知ったのは確か小学6年の時だったと思う。柄にもなく図書委員だったため、やたら女の子たちが借りていくのを覚えていた。学年中で面白いと言って噂になっていくこの本が、日に日にボロボロになっていくのを見て、普段はか弱ぶっている女の子…

蘇る変態

先日、1年に一回の健康診断を受けた。 朝、いつものように出社して、変わらない身長と徐々に増量する体重を皮切りに検査がスタートする。昨年から始まったバリウムはまだ慣れない。飲むこと自体には抵抗はないが、アンダーウェアで狭い空間に何名かのおっさ…

海賊と呼ばれた男

日本人は、海賊が好きなんだと思う。 海を自由に航海するイメージが、閉塞的な立地条件の住民に憧れをもたらすのがだろうか。ワンピースはその代表例な気がする、アーロン編から先に進んでいない自分としてはよくわからないが、かっこよくて何でもありな感じ…

SHOE DOG

うちの父親ほど過去の自慢話をしたら止まらない人はいないのではない。 同じ業界ということもあり、今でも定期的に一緒にごはんを食べに行くことがある。もっぱら場所は築地市場から少し離れたファミレスだ。最近はケイジャンチキンステーキにはまっている。…

美女と野球

うちにはDVDプレーヤーがない。あるのは15年前に親に買ってもらったシャープ製の液晶テレビ。当時は世界の亀山工場で作った最新鋭のテレビも古すぎてまともに見れなくなっている。 そんな環境で生活していたこともありDVDを借りて映画を見ることなんてなか…

男は顔が名刺

人が持つ性格を、雰囲気とか顔で判断することが多い。 特に仕事に関わる人たちは自分の独断と偏見で「あ、この人こんな性格かな」とか「ここまでだったら怒らなそう」とか決めつける。ほとんど20歳以上離れた年上の人たちだから、こんな若僧に勝手に性格を決…

「読ませる」ための文章センスが身につく本

どうしたら人に文章を読んでもらえるか。 どんな立場であれ、文章を書く人であれば意識するところでしょう。私も文章を書くようになり、改めて難しいと悩んでいる。 今回はその悩みに一筋の光を当ててくれるのでは…という想いからこの本を選んだ。 読んでも…